忍者ブログ
このblogは、HP「平成操練所」の付設ページとして設けられました。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[07/13 青天]
[07/16 NONAME]
[06/26 抹茶]
[06/25 ミッドナイト・蘭]
プロフィール
HN:
抹茶
性別:
男性
自己紹介:
1960年生まれ。宮崎県延岡市在住。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の地元にはN高等学校という県立の進学校があるが、この高校は昔から「センター試験を受ける必要のない生徒たち(私立専願者や就職希望者)」にも「強制的」にセンター試験を受けさせている。「なぜそんな無意味なことを先生たちは君たちに強制するのか?」とたずねても、生徒(彼女)自身にもよく分からないらしい。

「こういう不景気のおり、親だって<無意味な出費>はしたくないだろうに、君たちの親はなぜ学校に文句を言わないの?」

こう突っ込みを入れたら、

「そうしないと学校の先生が内申書を書いてくれないから」

と、「頭のいい子供たちが集まっているハズの学校」の生徒が答えた。

のちにテレビニュースで「センター試験の受験者数」が前年度と比較されながら発表されていたが、私はそれを見ながら「実数(真の希望者数)は違うだろ」とつぶやいた。学力学力と騒ぐ人々が多いが、「身近な不正」さえ正せない「社会主義的世界」で育てられている子供たちが、「新しい世界を<力技>で創造できる」だろうか。

こういうまやかしをやっている「地方の県立進学校」はなにもN高等学校だけではあるまい。教師は「誰かが決めた学校の方針」に従うだけで、争い事をみずから起こす気もないらしい。組合に入っている教師たちは「生徒と親たち」の利益----というより理屈に合わない出費の停止----のためには戦わない。

「学力システム」とは違う世界で生きなければならないスポーツの世界では、「若い人々」が「独自の教育(訓練)システム」によって「世界という舞台」に登場してくるようになったが、この現象には「育てる」という行為に関して、ひとつの暗示があるのではないだろうか。

日本のなかで「もっとも社会主義国家的形式規範主義で運営されている世界」こそ「知育界」なのだった。こういう「社会主義的振る舞いと思考態度」のなかで育てられた人々が官僚になって、日本の教育制度を立案している。そうして有識者と呼ばれる人々は「そのような社会主義的システムの中における学力向上問題」に強迫神経症的にかかわり続けている。彼らは「自分を含め利口だと思っている人々」こそが「病気」なのだと認識することができない。

彼らはいはば、ジェット戦闘機に使う「真空管システム」をもっとよりよく改良すべきだと叫ぶソ連の技術者たちのようである(これはたとえ話である。アナログプレイヤー技術とCDプレイヤー技術の比較話で語っても同じである)。「真空管システム」は前時代の思考方法によって生み出された技術であるということに気がつかないうちに、対抗国家は全トランジスタ式のジェット戦闘機を飛ばしていた。

「真空管システムを温存した教育システム」で、「知力を自由に解放できる能力」を「育てられる」だろうか。「知力を現実に適応させる力」は「知力」だけでは発動しない。たとえば、パソコンのソフトを駆動させるには「電力」がいる。ある時期に、ある新しい目的を独自に発見し、その解決のためにパソコンに電力を入れ、対応するソフトを見つけ、無ければ開発し、それをふさわしい時期に駆動させうる「自我をもった存在」が必要である。これは「日本の子供の学力問題」ではなく、「彼らを指導したがる有識者と呼ばれる人々」が「もっと大きなフレームワークがあるということが認識できるかどうか」の問題なのだ。

「日本の教育システム」という「社会主義的振る舞いと思考態度の園」からの脱出、これがなければ「日本の経済」も本当にダメになってしまうだろう。

参考文献
国家が教育を管理すること(ルドルフ・シュタイナー)
PR

英語教育を小学校時代から義務化するかどうかについて揺れているが、私自身は外国語教育は小学生からやることに別段反対ではない。人々はいまだに「どのように教育を行うべきか」ということについて「関心」を持とうとしない。そして「どのような成果」を「どの時点」でふりかえるべきなのか、ということに関しても長期的な観点に立って眺め直すことができない。

たとえばもし今30歳のあなたは、15年前に学習し、試験された暗記事項を----その出来不出来の問題で、定期試験の前あるいは後に親子喧嘩までした「勉強内容」を----今どれだけ覚えているだろうか。15年後には忘れてしまっても、一向に自分も親も困らないトリビアルな知識を(15年前は烈火のごとく起こった親なのに)、現代人はなぜ「膨大なエネルギー」を使って「試験させられる必要がある」のか。そしてなぜ「長期的視点に立って眺め直せば無意味な行為」のなかから「点数」あるいは「偏差値」として析出化してくる「不思議な数字」のみが、もっとも人々の関心の的となって現代日本人の精神生活を支配続けていることを人々は許しているのか。

日本の教育界の異常さというのは、国家の肝入りで導入された「教育計画」や「教育行為」が時とともに「試験化」されて(つまりロボット思考化し)、すぐに「短期短期の評価の問題をうんうんすることばかりにエネルギーをうばわれてしまう」ことである。

たとえば道徳の問題がある。「人は助けあって生きなければならない」、とは学校でも学習することだろう。しかし児童生徒たちは結局教師たちから説教という形で「言葉を聞かされるだけ」である。「徳」に関わる問題も、現代の教育現場、教育システムで、教育行為化されると、「知識を試される問題」「解答技術に関する問題」に変貌し、その子どもが現代の公教育の影響下に「現実」に他者に対して思いやりのある人間になれるかどうかにかかわりなく、試験化されることで「教育行為」と見なされるのである。

今行われている公教育(義務教育)とは「そのような性質」のものである。

他者に思いやりをもたせたいなら、教科書を使って「文部省で指定された一定時間」を授業に割き、子どもに書かれてあることを朗読させて議論し、教師が生徒に向かって説教をするよりも、まず「現実的な能力・技術」をちゃんと子どもに身に付けさせる方がのちのち「そのとき身につけた知識と技能」が生きるのである。頭はいいが実際には酷薄な少年少女でも、手話を駆使することができるようになって義務教育を終えることは、頭がいいだけで卒業させられる現代の少年少女よりも「その能力を現実に有しているというだけでもずっと社会のために生きることになる」からである。

たとえば、なぜ、人々は手話を義務教育時代の9年間、必修にし連続して学習させないのか。「この能力」は----それは子どもによって新たに身につけられた文字の読み書きと同じような種類の「対話能力」なので、もはや「試験のための知識」ではない----15年たったら、覚えていてもいなくても誰もこまらないようなトリビア(無駄知識)ではない。

大学の入学試験で福祉について上手な論文がかけても、手話でコミュニケーションできない人よりも、言葉を発することができない人々から助けを求められたとき、「相手の言うことを理解できる普通の人」の存在の方が、本当の意味で「徳のある人」ではなかろうか。現代教育は「公的にうまいこと(建前)を紙の上に書けるようなロボット人間ばかり」を育てている。システムがそうなるように人々に強いているからである。

事件現場の警察官も消火活動中の消防士も、そして医師も看護師も義務教育中に身につけた「対話能力」で、とまどわずに手話を必要としている人々と「簡単な対話」ができる、「義務教育中」に学校で身につけた能力は、のちの社会生活の現場でも「社会人の職種」に関わりなく、生かされるのである。そしてそれらの知識や能力は「学校間あるいは学校内部の紙の上だけの空想的な評価競争に資するため」ではなく、「人々の現実生活の上にあらわれる力」なのだ。それこそ「生きた知識(能力)」ではないだろうか。

そういった「義務教育期間を生きた知識と能力の習得の期間とする」ために、学校教育体制はどうあるべきなのか、授業方法はどのように変容すべきなのか、そのためには「土台となる教育思想」は今後どのような変容をとげるべきなのか、いろいろと考えることは出てくるはずである。

「エネルギーの無駄使い問題」は何も「CO2問題」だけではない。「近代教育」というのはもうひとつの「精神エネルギーの無題使い問題」----おおっぴらに行われていながら、「その問題」がいっこうに人々の目の中に入って来ない「隠れたエネルギー問題」なのである。

ここ日本においては、学力(=受験能力)をつけさせるために、金銭に余裕のある家庭は学習塾に自分の子どもを通わせるが、そもそもこの手の民間の教育機関(国の定める法的な私立学校でさえない)に「就職する」人々は、大学出の者が大部分だろうが、教員免許(いわゆる国が付与するお墨付き)そのものを持っていない者が多いという事実を、学力低下を憂えている国会議員たちは理解しているだろうか。

単に「学力をつけさせる」というだけなら、「勉強を教える人物」に「教員免許」なんぞいらない、という厳然たる事実があるのだ。そして免許を持たない人物が、「国の定める学校という機関」の内部で働いている教員免許を持っている人物よりも有能な知識(あるいは解答技能)伝達能力を持っている場合が多々あるという、「教員免許制度の意義」からすれば「矛盾」した事態が、ここ日本で進行中である。

教員免許とは何だ。

回答:それは国が法的に定める教育機関への「就職試験」を「受けることができる」という「お墨付き」にすぎない。それはこれから教員をめざす者が「試験会場」へ入場するための「特別許可証(パス)」のようなものである。民間の学習塾講師になる資格にはそのような「国家的制約」はない。ただ「国家が法的に定める機関」に「就職」したいなら、教員志望の若者は行政機関に向かって「教員免許」を提示しなければならない。「このパス」を持たないものは「教員という(地方公務員)採用試験そのものが受けられない」。ただ、それだけのことである。それは「能力」というより、「公的機関への就職行為という利害」により強い関係性を持ったものにすぎないのだ。

だから「更新できないことによって免許を奪われる」ということは、「公的機関で仕事ができる権利を失う」、すなわち「(公務員)職を失う」ということである。しかし、「人をやめさせること」において、「このようなやり方」は非常に「もってまわった悠長なシロモノ」であることは民間の感覚からすればすぐに理解できることだろう。それもこれも、教師になるには「免許」がいる、という国家的制約があるせいなのだ。各自治体は「自分たちの地元」で働いてもらう教師を「自分たちで自由に選べない」ように今の制度下ではなっている。市にも町にもそのような権限がないからである。

問題は更新制度によって「不適格な教師を10年ごとにあぶりだす」、などというような「悠長な話」ではなく、「伯楽」すなわち「判断し、判断に責任を負い、対処できるハラを持った人物(人事を扱う者)」が「公的な世界にはいない」ということなのだ。(民間企業であれば、問題が発覚すれば、さっさと指導があり、場合によっては首にされる。)

医者は「国家資格」なしでは開業できないが、こと教育行為については、民間の学習塾が、その成果を示してきた通り、「教員免許」なしでも、「教育業」は「開業」でき、また実際に成果を挙げてきたのである。

教師は「教育学部(あるいは教員免許取得希望の他の学部生のために定められている免許取得のために大学内で取得すべき単位として定められた特定講義内容など)でなければ学べない、まさに教員としての秘術のようなもの」を特に「教育学部」で----他学部生なら「法によって定められた免許取得にまつわる特定単位の取得」によって----学ぶことで、他の一般人たちと比べて特に「子どものエキスパート」になっているわけではなのだ。

それなら、「彼らは大学で何を学んでいるのか」、あるいは、そのような大学内における講義の受講を必修として教育学部生たちに要求する行政担当者たちは本当に、「これから教師になるべき学生たち」が教育のエキスパートとなるために身につけなければいけないさまざまな「要素」について理解しているのか。

それが問題である。

民間の教育機関に勤める人々は、その機関の内部で淘汰されている、分かりやすくいうと、無能な講師は、そこを離れざる得なくなるのだ。問題は「国の定める機関の内部」に「自浄作用が働かない」ということなのだ。それは一般の公務員の内部改革がいままで遅々として進まないできたこととパラレルな姿をしている。

公務員は「組合員」として公務員同士の利害を守りあうからである。教員の採用が都道府県単位になっているのも問題である。今後は採用および解雇問題の責任の所在を市町村単位へと狭めて、教師の採用評価問題にしても、互いに顔の見えあう環境において保護者たちを代表する者たち(数名)こそが「その現場」に加わり、教育行為における対等な責任者同士として意見を述べあいつつ「双方が土台から責任を負う」べきなのだ。ちょうどこれから裁判員制度が始まり、「一般同胞の罪を民間の一般同胞たちが裁く」ように、人々は、もっともっと現場に責任感覚を持ち、積極的にコミットしていくべきなのである。

教員養成と採用権の問題、これを21世紀の日本の教育問題の最大の課題とせよ、と言いたい。

今やっていることは政治問題(右からの左への意趣返し)にすぎない。それで子どもがりっぱに育てられると思っているなら、大間違いだ。

政治ではなく、教育思想の土台に目を向けようと人々が本当に決意しないかぎり、人々は今後も「人として」たいした成果はあげられないだろう。


日本の小学生は中国や韓国の小学生よりも「学ぶ意欲」が低い――。財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長、東京都新宿区)の調査で、学習を巡る子供の意識に日中韓で大きな差があることが分かった。近年、日本の子供たちの学力低下が取りざたされているが、中韓両国に比べ「学力」以前の「意欲」の低さが浮き彫りになった形だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070307-00000099-mai-soci

上記引用は最近、ネットに載った極東3国の小学生の意識調査だ。

前世紀の80年代になってやっと民主化した国、そしていまだに「言論の自由」も「国民の国会」も持たない国家に生きる小学生と日本の小学生とを比べて、「国力や国民の民主化意識の土台などを比較して、3国ともに成熟した対等とも呼べる、世界の先進諸国群の国民と同等の近代意識上の土台を持ち、したがってこの極東の3国は無条件で意識比較調査ができる」などと、なぜ「日本の利口な人々」は平気で「思い込める」のか。いや実際には彼らはそもそも「そんなことさえ意識したことがない」のだろう。ではいったいそれは「何のための対照比較調査」なのか。

このようなアンケートばかり行っている彼らは「本当に利口な人々」なのか。彼らがこういうアンケート調査ばかり行っているという「彼ら自身の振る舞いの結果」から見えてくる一番の憂慮すべき問題は、日本の小学生の意識ではなく、「アンケート調査をやって発表したがる彼らの意識のあり方」のほうなのではないか。

いったいなぜ、この種のタイプの「日本の利口な人々」は(しかも教育関係の仕事に携わっている人々は)、このような決して「国民の政治意識や国家意識が〈先進諸国並みの穏当さと成熟〉に達していない、2等あるいは3等国家」を、日本との「対照サンプル」として、あるいは「同等な近代国民精神生活の所有者の住む国民として」選ぶことができると思えるのか。教育問題なんぞは特に、「国民の精神生活問題」と直結している。近代社会は、「国民の統治のされ方」が子どもの教育環境に絶大な影響力を行使しているのだ。その国家が自由で開かれた、それぞれの国家間に歴史的に横たわる互いのスネの傷についてのあれこれに対して「それを言っちゃあおしまいよ」ということ理解しているサバけた国民による統治を受けている近代国家----二度の「対国民世界戦争」という失敗を経て欧米・日本みなそういう意識状態に達した国家群となったのだ。だからこそ彼らは過去のイシューではなく今起きているイシューにこそ関心と政治力を行使することに全力を注ぐのである。あとのマラソンの比喩でも登場してくるように彼ら「第1グループ」の仲間意識に達していない途上国家群の中には「精神的な幼さ」ゆえに「その区別をつける」ことができない国家が多数存在するのである----なのかどうかは、子どもへの歴史教育事情にも強い影響を与える。彼らはそもそも「一体何のためにそんな3国間の意識調査をしているのか」、これがよく分からない。

彼らはもしソ連が健在だったら、ソ連の小学生とも比べるに違いない。欧米の諸国家群に生きる人々は、高校生の学力調査では3位内にも入ったことがないのを、「憂慮すべき大変なこと」と思わない、それどころか「真剣な話題にもしない」のはなぜかと

「なぜ日本の利口な人々」は考えることがない

のか。「それ」が「問題」である。2等3等の、はなはだ世界的に信用のない国家群の統治下に生きている子供たちが上位3位内に入っているのに日本はそうなっていないことを、「日本の勉強馬鹿たち」だけが、教育問題についてそのような「統計」を持ち出し、意味もなく騒ぐのである。

だがまさにこのような人々こそが日本の教育体制を腐らせてきたのだ。「何が大事かが一向につかめない人々」に日本の教育界が牛耳られてきた結果である。

日本は極東の「勉強馬鹿国家群」から決然と決別し、「たえず〈どこかの何か〉と〈おのれの何か〉を比較して、あれこれ悩まずにはおれない性癖」を克服しなければならない。それこそが「新しい脱亜論」である。

(補足)「前期-近代意識」というのは私の造語である。現代社会には「国民精神の成長史」などというような学問は存在しない。「前期近代」とは、それまで身分制度のもとで暮らしてきた人々が「対等な意識」を所有するようになった時代、すなわち近代の初期の「国民意識発生時」の意識状態のことである。戦争を専門に請け負う「戦士の階級」の消滅と身分制社会の消滅は連動している。近代の戦争がこれほど大規模に、かつ悲惨な結果を招いたのは、自然科学の発展による兵器の革新の結果だけではなく、「国民意識の誕生」が、「兵隊の大規模な動員」を可能にした結果である。2度の世界大戦はそのように「近代に生まれた国民意識の結果」でもあるのだ。そして世界にそのような悲惨をもたらした真の原因者たちであった西欧人たちは、その「近代前期の意識状態」を克服し、新たな近代意識を創造しようとしている最中である。身分制度下の国民は、直接国家による兵隊動員を行うことはなかった。「戦争」は「中世まで」はある意味「聖なる行為」でもあったからである。下賤な者は騎士になることはできず、武士になることもできなかった。それが「新時代」へと変異し、その初期「その国民意識(前期-近代意識)の誕生」こそが、初期時代の西欧近代史に顕著に見られるように「国民(民族)国家同士による」絶えざる戦争を招いたのである。その仕上げが2度の世界大戦だった。

戦後になって近代史に登場することになった新しい国家群、発展途上国家群のなかには、そのような、戦前までの近代社会において、西欧人や、当時極東では唯一「そのような近代国民感情」を西欧人たちと共有することになった日本人が獲得した「新しい意識」----だからこそ日本は欧米人と戦争することを可能にする「精神的能力」を持ったのである----をいまようやく獲得しつつある第2グループ、第3グループが存在するのである。

欧米諸国と日本は、その初発の第1グループに属していた。それはちょうどマラソン・レースで、グループ集団がいくつかの団子状に分かれて走っているようなものである。マラソン・ランナーの集団が走るのはアスファルトの路面という「物質」だが、「近代国民精神」という「目に見えないもの」を得た集団が、あとからいくつかの集団に分かれて、すでに第1グループが通りすぎた「精神状態」をあとなぞりするのである。

もし「国民の精神生活」において問題行動を起こしがちな国民を見つけたなら、「このような観点」から、彼らの精神発達史の結果として彼らの行動を解釈してみるべきである。「それを言っちゃあおしまいよ」感覚を持っているのは何も寅さんだけではない。戦後、近代意識生活を再開した欧米諸国も日本もそのようなマナーをもって「大人として」戦後世界で振る舞って生きてきたのである。「思春期時代」のような----それこそが戦前の欧米諸国と日本の陥っていた意識状態だったが----感情を持って振る舞わずにはおれない発展途上国家群が極東にも存在する。思春期の子供を持つ親が、この厄介な一時期を生きている子供たちに手を焼かされてきたように、現代の世界諸国家間の「関係性」もそれになぞらえて眺めることが可能である。

極東の諸国家群の「国民精神の達成地点」は「けっして同一水準ではない」ということが分からない人々(大人)が日本には多数いることが問題なだけである。日露戦争終了時における「国民意識の爆発」、たとえば日比谷焼き討ち事件などを思い描いていただきたい。極東の「思春期国家群」は、日本が100年前に到達した「精神の発展途上中に味わう国民感情」に、いまようやっと達しただけの話である。日本と欧米は「手さぐり状態」で、「その場所」を通過したので、「世界大戦という悲惨な失敗」を甘受しなければならなかったが、現在の発展途上国家群が「真の自己意識」(克己感情)をもてるほどに成熟すれば、また極東アジアの諸国民の精神発達史も書き換えの時がやってくるだろう。それが今生きているわれわれが死ぬまでに起きるかどうか、それは分からない。親あるいは大人は子の成長を待つ。馬鹿な振る舞いをする青少年はしかるべき権威で「正しい理路と感情を携えて」たしなめる責任が親や大人の側にはあるだろう。現在の大人にもかつて子ども時代があり思春期がありそして、その時期に仲間同士の暴力にまみれ、苦い失敗を犯した。「屁理屈ばかり並べて親の世代を攻撃する時期」にまで「成長できた子ども」も、いつか「自分の馬鹿さ」を知る、そうして初めて親たちとも敬意をもって話ができる状態に「移行」できるのである。親が持つべき意識と振る舞いは、そういう時期に達した青少年たちに対する「忍耐」と「正しい指導」である。「正しい理路と感情」も持たずに、「意味もなく厄介な青少年に迎合する」のは「正しい青少年への対処」ではないということは、戦後の日本の青少年への教育問題においても、日本の大人たちが直面させられてきた問題ではなかったのか。

関連記事 大東亜戦争とは何だったのか
http://matcha.blog.shinobi.jp/Entry/5/

「彼ら」が言うところの「教育再生」とはそもそもなんだろう。私には結局のところ、「明治以来の〈教育観〉維持会議」「明治以来の〈教育観〉維持機構」にしか思えない。

一日3食食べ、食卓に四つ足の肉を並べる習慣は、昔の日本にはなかった習慣だ(もちろん肉食については仏教伝来以前の日本はまた異なった世界だったようだが)。比喩としていえば、西欧システムの教育体制が導入されたということは、西洋の思想の影響を受けて食習慣が変わり、「一日3食食べるのがよいと思われるようになったシステム」に変化したということだ(一日3食方式は江戸期からだということは分かった上での比喩である)。日本人は、西洋産の自然科学という新しい食い物も食うようになった。そのことによって日本人は唯物論も同時に受け入れた。その後1世紀以上の時が過ぎた。そして現代、「日本の子どもたちがおかしい」という話になった。だが彼らは「学力とは何か」という具体的説明もせずに、「明治以来の一日3食システム」という「外枠」は「踏襲」したまま、「食っている量」が減ったから「食わせる量を増やせ」と言っている。「そんな話」を「再生」などとなぜぬけぬけと言えるのか。再生ではなく、ただの「分量調整」ではないのか。言ってみれば逆ダイエット提言である。彼らの言うことが本当に実施されたとしても「教育体制の本質」は以前と少しも変わらない。そして彼らは「教育思想」「教育観」という「大枠」には何ひとつ手を付けようとしない。「教育観は明治以来の西洋式のままでいい」と、そう思っているのだろう。しかし「そういう彼らの思想」こそがまず変わるべきものなのではないのか。

そして罰則規定である。あすこで文部科学省が「やってもよい」とお墨付きをあたえた罰則なら、30年40年前に「普通に行われていたこと」ではないか。彼らは「すでにずっと行われてきた教師の振る舞い」を「ただ追認しただけ」で「再生」という言葉を吐くつもりだろうか。

韓国映画に『マイ・ボス マイ・ヒーロー』という映画があるのをご存じだろうか。韓国の高校教師がとにかく高校生をなぐりまくっていた。「ああ、これってかつての日本の高校と同じだよな」と思って気分が悪くなった。韓国の教育システムは、戦前の日本の統治システム導入とともに、教育システムもまた「そのまま日本から持ち込まれたもの」である。『冬のソナタ』でヨンさまが学生服を着ている姿をみて、「なんでコイツ日本の学生服を着てるんじゃー」とブッ飛んだ方もいるはずである。

韓国の左翼運動に「思想的土台」を与えたのも日本である。彼らは、日本統治時代に身につけた学習体験によって、日本語で「日本の左翼本」----「世界をどのように感じ眺めるべきか」ということが煽動的に書かれた書物----を読むことができるようになっていた。「恨の文化」なんぞ幻影である。彼らに「今の感情をもたらしたもの」は、彼らにとっては「生まれたての近代精神」そのものである。「われわれは国民である」という近代人としての自覚感覚である。その感覚の上に、左側から注入された帝国主義史観で近代の極東史を眺めると出てくる「情念」に、「恨」などというニセのレッテルをかぶせて自己韜晦しているのである。現在彼らが「恨」といって日本を道徳的に責めようとしている振る舞いは「左翼思想」の裏張りをされて巧妙に「日本経由」で半島にもたらされたものである。江戸時代、朝鮮は徳川幕府の将軍の代替りごとに、挨拶にやってきていた。彼らはその当時別段「歴史的恨み」を心の底に抱いて将軍に挨拶していたわけではない。

「歴史論争」などという、「戦後的近代勉強馬鹿たち」が----この点では右も左もない。近代的学校体制は罪深いものである----喜々として口角泡を飛ばして興じている振る舞いもまた、近代以前には極東にはなかった振る舞いである。近代といっても、戦前も「近代」である。しかし戦前、世界には「こんなふうに学問めかして歴史論争にうち興じる多数の勉強馬鹿的庶民なんぞいなかった」のである。「これらの人びと」は「戦後」に誕生した「新しい人種」である。「われわれ自身の振る舞い方」そのものが「戦後的な新しい現象」なのだということを、ひとまず理解した上で、右も左も相手の顔に汚いつばきも飛ばしてみるといいのである。

韓国の教育事情が日本に似ているのは日本の教育システムをそのまま独立後も踏襲したからである。日本統治が彼らの教育体制の土台になったのである。韓国の場合はさらに日本式をハイパー化しており、中国・韓国と高校生の国際学力検査トップ3のうちの二つに食い込んでいるが、そんな利口なハズの彼らの「世界政治における国民の精神生活の発展途上性」ぶりを見ると「そういうタイプの学力」なんぞ何の役にもたたないということがよくわかるハズではないか。

韓国の大統領ノ・ムヒョンが西洋の首脳たちの前で(アメリカ大統領やオーストラリア首相らの前で)歴史問題を持ち出し、ブッシュさんから「(そう熱くならずに)日本とじっくり話し合ってみたらどうか」諭されたら「でも自分が高校時代に習った教科書には(日本人が主張するようなことは)書いていないんです」と答えて白人首脳たちの苦笑を誘ったという「象徴的な話」が伝わっている。(世界高校生学力比較テストで日本を抜いて上位3位以内に入った韓国高校生と中国高校生。彼らの現実(真の精神生活)は哀れである。もちろん日本人の「勉強馬鹿ぶり」も笑えない事実である。日本を含め極東の数国は、奇妙な教育体制によって「勉強馬鹿」を量産している国々である。彼らは「国が与える教科書」を皆信じてエリートになった人びとである。そういう人びとを作るために生み出されたのが西洋の近代式教育体制のもともとの思想の土台だった。帝国主義時代の西欧近代諸国家では、そのような体制維持のために働く利口な官僚向きな国民が必要だったからである。だがそのような近代システムの生みの親の彼らはそういう思考方法からはすでに脱している。しかし遅れて近代化を遂げたアジアの諸国家、最近では特に中国や北朝鮮の例が顕著だが、彼らの国の官僚たちは「その利口さ」を国民の精神生活の真の発展のためには使わない。いや「魂の発展」がまるで追いついていないので、そもそも「正しく使う能力(精神力)」がないのだ。かえってその利口さを国民の抑圧に使うばかりである。)

ひるがえってこの日本において、「本当の教育現場」を知らずに現在大声で教育提言をしている彼らは、「ただ自分が子どもの頃どんなふうに教育されたかという思い出を語っているだけ」なのだ。自分が子どもの頃体験したやり方を「今の子どももすればいい」とただ安易な提言をしているだけなのである。

これが「明治以来の教育システム」によって教育され続け、ついに学者と呼ばれるようになった人びとの出した結論なのである。私には、「あまりにも無残な姿」だった。学者なら「本質論」から入るべきだったのに、何一つ彼らの口から本質論が出てこない。

「今の子どもの姿」ではなく、「教育提言をする彼ら」の姿にこそ、「明治以来、現在まで続いてきた西洋近代初期の教育思想導入から独特の日本式発展をとげた近代教育の仕方」が「まったく失敗だった」という「結論」を見るべきなのである(これは先に紹介した兵頭二十八氏も言っていたことだった)。彼らは心がゆがんでいるのは「今の子どもだけ」で「自分らの心根はよい。自分は受験競争を突破してきた頭のいい人物だ」と思っているのだろうか、「私には思考態度において反省する点はない。だから自分たちには今の教育のゆがみを〈正す能力〉がある」と。

最近、中学受験熱が東京で高まっているというニュースがながれた。彼らマスコミ人たちは、3、40年前にはなかった学習塾の隆盛をなんとも思っていないようだし、むしろ、密かな希望としては、普通の小学校という公教育の場所では「受験対策」なんぞしてくれないから、自分たちの子どもも「そのような進学塾」でどしどし鍛えて「お受験」に受かってもらいたいと思っているのではないかと私は密かに疑っている。「塾で〈何を覚えさせられているか〉は知らないが、そもそも〈そんなことには興味はない〉。ただ〈試験に受かることのできる力〉を塾で身につけてくれたらよい」そう思っているのだろう。

調べてみるとよい。こういう報道をした東京のキー局でキャスターをしている既婚者たちの子どもは皆、学習塾通いをした「お受験」の親体験者かその予定者かその最中者のはずである。その他裏方をやっている人びと、朝日新聞や毎日新聞などで部長なんぞをやっているような人びとも同じである。ハチマキをして特攻隊員のように受験に送り出される小学6年生を、彼らは何度もニュース映像で流したが、「それはとても異様な光景に感じる」という感受性がもはやなくなっているのである。30年前の日本人はそうではなかった。「それは馬鹿げている」とちゃんと感じ、そのことを「問題化」して議論の俎上に上らせていた時代が確かにあったのである。今後はますます小学生の受験者が増えるということは、「受験技術伝授の低年齢化が進む」ということである。日本人はますます多くの人びとが馬鹿げた領域に突っ込んでいきたいようである。日本の子どもたちは「正しい子ども時代」「正しい子ども体験」を親たちの近視眼的対処によってますます奪われていくのだろう。

まるで石油危機のとき、トイレットペーパーがなくなるという流言によって、大挙して買い占めに走った主婦たちの姿とどこが違っているのだろう。どこの学校を出たかという「水戸黄門の印籠」が欲しくて駆けずり回る競争を「教育」という名で呼ぶのはよすべきだ。まさに西洋式の教育システム導入以後に、日本の教育が「加速度を増していびつになっていった原因」もここにあるのだから。近代式教育の生みの親たる西洋人は「水戸黄門の印籠」なんぞ欲しがらない。国家が率先して「水戸黄門の印籠システム維持の擁護者」となって現在にいたっているのが日本である。

「教育の危機」とは「そのことに気づくことができなくなっている」という「その感覚の麻痺状態」から生まれているのだ。

再生会議や再生機構のメンバーには、この3、40年で異様に肥大化した、この日本の受験産業の隆盛をどう思っているのか、聞いてみたいものである。塾と言えば、昔は書道塾、そろばん塾などが主流だった。それは小学生中学生の子どもたちの生活要求とも合っていた。彼らは現実社会と直結する習い事をしていたからである。「自分たちは大事なことを習っている」という実感も持てただろう。それは健全な社会だった。「そういう実感」を子どもたちから次々と奪っていった3、40年間が、有識者たちが再生(本当は「維持」)させたいと思っている教育システムである。だとしたら未来は暗いのではないか。

忍者ブログ [PR]